トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ビックリした言葉の影響力。(本編)
2008-02-02 Sat 23:27
明日は節分ですね!
我が家では愛犬こころが豆まきすると喜ぶので(豆を拾って食べる為♪)
毎年かかさず豆まきするようになりました。ここ10年程・・・(笑)
ということで、明日は確実に楽しいことが1個ありまーす。

さて、前回書かなかった言葉の影響力。

実は「愚痴」についてです。

私自身、いろんな書籍などの影響もあって愚痴はなるべく言わないようになりました。
人の愚痴も、出来るだけスルーさせて聞いています。
(でないと、しんどくなります)

先日、ある人が、ある別の人に対しての愚痴を私にこぼしてきました。


私は適当に話を聞きながらも、別の方向に話題が向くように返答をいれてみたり、
右から左へスルーさせていました。
まぁ、たまにあることなので、自分としては何とかか切り抜けたつもりで。

数時間後、久しぶりにおしゃべりしたい人がいて、少し会いに行きました。
で、その人と話しかけたとたん・・・私はビックリしたんですが。

涙がでそうになって、慌てて涙をこらえたのです。

私はどうやらその瞬間までかなりの緊張状態にあったようで、
緊張の糸が解けた感じでした。
(愚痴に巻き込まれないでおこうと思うと、やっぱり身体が緊張するみたいです)
それに、びっくりしたのが【私、傷ついてる】そんな感覚がした事。


それまでの私の「愚痴」というものに対しての平均的なネガティブイメージというのは
バイキン君みたいな感じ。
ちょっとくらーく、ジメッとしていて、感染すると重たくなる感じ。

でも、その日私が感じていたものは「ナイフ」のようなものでした。
私に向けられた愚痴ではなかったけど、私の心にはナイフで切られたような
そういう傷がついていました。

バイキン君みたいな、じめっとしたものではありませんでした、
からっとしてたんですよ。でも鋭かった・・・。

「言葉の刃に・・・」なんて、どっかの歌詞にあった気がしますが本当にそれ。

別の人に向けられた内容であっても、その言葉自体には「ナイフ」のパワーがあるんですね。
聞いた私にはそれが入ってしまったようです。
そりゃ、ナイフがやってきてたら身体も緊張しますよね。

ちょっとビックリ体験でした。

私は時折感受性が強くなるときがあるので、
たまたまそういうケースだったのかもしれませんが・・・やっぱり、
愚痴とかは言わない方がいいし、聞かないほうがよいように思いました。


言葉のパワーは本当に大きいです。
ありがとう、や愛の言葉を使った時のパワーは素晴らしいのです。
だから、ほんの少しずつでも自分の使う言葉に意識的になって過ごしてみましょう。
そのほんの少しの意識は、大きな違いを生み出します。
関連記事
スポンサーサイト
日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0
<<オラクルカード | Rejoice~りじょいす~ | ビックリした言葉の影響力。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| Rejoice~りじょいす~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。