トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
カリフォルニアからの便り
2008-10-04 Sat 22:13
こんばんはー。リジョイスです。
今日は気持ちのよいお天気でしたね♪

先日、事務のバイトに行くと、机の上に書類の入った封筒がいくつか目に入りました。
最近、海外をでたワインたちの請求書

そのうちのひとつをあけると、カードみたいなのが入っていて、

あけたら・・・ハートいっぱいのカードホルダーに写真が数枚。

us-winery

アメリカの小規模なワイナリーのオーナーの女性からの請求書とともに入っていたのは
旦那さんの写真と、今、収穫の最終日にいてたワインピッカーの人たちの写真

なんだか微妙に照れくさくって、ひとり「くすっ」と笑っちゃいました。


私は数回しか、メールのやりとりをしたことのないこのワインメーカーの女性は
本当にハートがいっぱいの人。
いつも、事務的なメールにも、
とってもポエティックなワインへの愛情を感じさせる文章が最後に追加されてたりして、
メールからだけでも、ワインがとっても好きで作っているということや
彼女自身のハートの大きさを感じずにはいられない、そんな人です。

メールでしか話したことのない私に
しかも、ワインのことわかるかわからないか・・・ぐらいの微妙な私に
このワイナリーのワインさえ飲んだことのない私に

わざわざ、こんな写真を同封してくれました。


実際のところ、受け取ってもあまり意味がないっちゃー、意味がない写真だし、
昔の私だったら、「ま、こんなの送ってもらっても困るな」って思ってたでしょう。

が、ちょっとは心の余裕ができたのか、今回の私は
この写真がちょっと・・・嬉しかったです。
感動という言葉は大げさかもしれないけど、心があったかくなりました。


ほわーんとあったかい気持ちになりました。

普通、請求書って、本当に封筒に請求書の紙切れ一枚入ってるぐらいなんです。
書類送付状みたいなものも、一切ないことの方が多いです。

そんな中、こんなハートがいっぱいのカード。

私の想像では、小さなワイナリーなので、いろんな作業を
一人でこなされているように思うんです。
そして、今は収穫から醸造への忙しい時期。

請求書一通おくるのだって結構面倒だったりするんじゃないか?と思う中
自分たちの様子を知らせてあげよう・・・とちょっと写真を入れてみる。
ほんのちょっとしたことですが、私のためにこんな風にひと手間かけよう・・・って
思ってくれたことが純粋に伝わってきて嬉しかった。

よく、江原啓之さんが「どれだけ心を込めたか・・・が大切なんです」って
おっしゃってましたけど、それを実践しているワインメーカーさんだと思いました。

私自身は、こういうのがあまりピンとひらめかなくて
実践できていないタイプの人間なんですが(いわゆる、気が利かないタイプ。苦笑)
これからちょっとでも出来るようになったらいいなぁ・・・なんて。

思ってみたりする秋の夜更けでございます♪


関連記事
スポンサーサイト

日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0
<<占いのまねっこ~ 10月編 | Rejoice~りじょいす~ | パワーか・・・フォースか・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| Rejoice~りじょいす~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。